ずっと名古屋で医療脱毛していたい

VIOラインに適した脱毛

脇やひざ下に加え、VIOラインの脱毛は女性の身だしなみの一つとして認知されてきました。全Vラインはすべて無くしてしまう人は少ないですが、毛の量を少なくしたり、薄くしたい人は多いですし、IOラインについてはすべて無くしたいと希望する人が多いです。日本人のムダ毛に対する意識の高まりとともに、体毛が薄い方が肌が美しく見え、好まれるという風潮の影響もあるでしょう。いろいろな脱毛方法がありますが、VIOラインに適していて、短期間で長く続く効果が出る方法はレーザーや光を使った脱毛方法です。

どちらの方法も毛根のメラニン色素と同じ黒い色に反応するレーザーか光を照射して、毛根の毛母細胞を壊したり弱らせたりして徐々に毛が薄くなっていく効果が出てくる方法です。黒い色が濃いほど、効果が得られやすいので、硬めのしっかりした黒い毛が生えている事が多いVIOラインに向いた方法であると言えます。どちらも輪ゴムをはじかれるような痛みがありますが我慢出来ないような強い痛みではないので、安心して効果を得ることができます。ただしVIOでも粘膜に近い部位は光脱毛は使えません。

やけどの恐れがあるからです。粘膜からも毛が生えている人にはレーザー脱毛が一番の選択肢でしょう。ただし粘膜は敏感な部分です。肌とは違い、良く冷やしたり塗布麻酔をしてもらったりの対策をすると安心です。

他にもクリームやワックスを使った方法もありますが、やはり、粘膜に近いVIOラインに薬剤を使うのは心配で効果も薄いのでお勧めできません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *