ずっと名古屋で医療脱毛していたい

VIO脱毛の注意点とは

VIO脱毛は、大変ナーバスな部位です。粘膜に近いということもあって、レーザー脱毛のような光を使ったものでは、その技術力が重要というのはもちろんのこと、感染などの問題にも留意しなければなりません。輸血などで問題となっている病気は、一般生活で感染しにくくても、粘膜感染については、かなりの感染率の高さが見られます。そのエステや病院の感染に対しての意識の強さが求められます。

病院の場合には、それなりにある程度の意識レベルの高さは期待できますが、エステの場合には特に注意が必要です。そういった問題をクリアしたうえで、注意点は自分自身になります。VIO脱毛のうち、IOについては、他社から見えにくい部位ですから、すべて脱毛してしまっても大した違和感は他者に与えません。しかしVラインの脱毛を思い切って行ってしまい、あとから公開したという人の話も少なくはないものです。

海外であればすべて毛がなくなっても、常識の範囲として受け止められ、かえって野放図に生えているほうがおかしいと受け止められがちです。しかし日本の場合にはまだまだ理解が得られにくく、好奇の目を集めないとも限りません。あらぬ誤解を受けてしまうこともあるでしょう。だんだんとそういった風潮もなくなってきてはいますが、VIOに施術を行う際には、どの範囲まで行うか、デザイン性はどのようにするかなど、慎重に決定したほうが賢明です。

カウンセリング時にアドバイスをもらうのもよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *