ずっと名古屋で医療脱毛していたい

全身脱毛 部位によって痛みの強さが違うのはなぜ?

全身脱毛を受ける際には、部位による痛みの強さの違いがあるということを知っておきましょう。レーザー方式やフラッシュ方式での全身脱毛には脇や腕、脚などの全身様々な部位が含まれますが、通常は肌を輪ゴムではじいた程度の刺激があるだけで、強い痛みを感じることはありません。しかし例外としてデリケートゾーンは痛みが強く出やすい傾向にあります。その理由はメラニン色素の量の違いにあります。

レーザー方式やフラッシュ方式の脱毛は、ムダ毛の黒い色素であるメラニンに反応し、熱を発生させる作用のあるレーザーまたは光を照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛効果を発揮します。メラニンは体毛や皮膚に存在している色素ですが、日焼けをしていない日本人の皮膚であればレーザーと光が反応するほど多くのメラニンは存在していないため、照射したとしてもムダ毛の部分にのみ熱が生じます。メラニンが多ければ多いほど伝わる熱が大きくなりますので、ムダ毛が多かったり毛質が太く硬い場合には熱のダメージが伝わりやすくなります。デリケートゾーンの特にVラインは毛量が多く、毛質もしっかりとしているため他の部分のムダ毛を処理する際に比べ、ダメージが伝わりやすく痛みが出やすくなっています。

またIラインとOラインは皮膚そのもののメラニンの量が多いため皮膚の広範囲に熱が伝わり痛みが強く出ます。このように全身脱毛は部位の違いによって施術時の痛みの感じ方が大きく異なりますので、落ち着いて施術が受けられるようにあらかじめ心構えをしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *