ずっと名古屋で医療脱毛していたい

永久脱毛の種類や仕組みとは

永久脱毛と聞くと、一度施術を受ければ永久に生えてこないというイメージがあります。しかし、その事実を確認することは難しいため米国電気脱毛協会の定義によると、脱毛の1ヶ月後における毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛だということです。そのため施術をしたからといってその後全く毛が生えてこないということではないのです。永久脱毛には、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛、ニードル脱毛などがあり、それぞれのメリットやデメリット、向いている人向いていない人、費用などに違いがあるためどの方法が自分に最適かを調べておくと良いでしょう。

永久脱毛をすると例え毛が生えてきたとしても、脱毛前に比べるとほんの僅かであったりその毛も産毛程度のものであることが多いはずです。中には数年から数十年とムダ毛が生えない人もいます。その理由は、毛の構造を利用した永久脱毛の仕組みにあります。毛には成長期・退行期・休止期の毛周期という成長サイクルがあり、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛、ニードル脱毛が作用するのは成長期です。

退行期や休止期に施術をしても、意味はありません。また、目に見えるムダ毛は全体の3割程度しかなく、皮膚の下にある毛に対する処置ができません。これが間隔を空けながら複数回にわたり脱毛サロンに通う理由です。成長期以外のムダ毛を処理するには、再び成長期になるまで待つ必要があるのです。

施術を受ける際は、処置前に自分で毛を抜いてしまったりするとその時に処置できる毛の量が減るため、その分余計に脱毛サロンに通う期間や施術回数が増えてしまうので注意しましょう。より良い効果を得るため、施術前に説明をよく聞きわからないことは確認しておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *