ずっと名古屋で医療脱毛していたい

医療脱毛を受けられない人もいる

医療機関で受けられる医療脱毛が、受けられない人もいます。妊婦、皮膚疾患やアレルギーのある人(要相談)、真っ黒に日焼けしている人、などです。まず妊婦については、医療脱毛が母子の健康を害するということではありませんが、ホルモンバランスへの刺激を考慮して、施術は受けられないことになっています。妊娠中は少しのストレスでもホルモンバランスが変化しやすく、それが胎児に悪い影響を与える危険性があるからです。

すでに医療脱毛を受けていて、途中で妊娠した、もしくは妊娠が発覚したという場合には、脱毛を一度中断して産後に体調が整ってから再開するのが普通です。皮膚疾患やアレルギー、ケロイド体質の人は、施術前のカウンセリング時に必ず相談する必要があります。肌荒れがある場合にも、施術が受けられないことがあります。医療脱毛は基本的に健康な肌状態の人への施術なので、肌のコンディションが悪いと施術を止められる可能性があります。

日焼けは、医療レーザーの照射ができません。レーザー脱毛は黒いもの(毛)に反応して毛の細胞を破壊するものなので、肌が黒い状態だと肌の色素に反応して、レーザーの効果が落ちてしまう、肌にレーザーの負担が行ってしまう可能性があります。なので、日焼けがなおってからでないと医療脱毛が受けられません。また、未成年者が施術を受けるには親権者の承諾が必要です。

一般的には、レーザー脱毛は18歳以降が適していると言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *