ずっと名古屋で医療脱毛していたい

医療レーザー脱毛の効果は部位により異なる

クリニックなどで行う医療レーザ脱毛は、メラニン色素の黒い色に反応するという、レーザの特性を使った脱毛方法です。ムダ毛の生え変わる毛周期にも注目し、成長期のムダ毛に、レーザー脱毛の施術を行っていきます。レーザーを照射することで、根元にある毛の生えてくる組織にダメージを与えて、毛が再生させないように働きかけます。永久的といわれる、評価の高い医療レーザー脱毛ですが、照射するゾーンによっては、効果にも差があるのです。

医療レーザで全身脱毛をスタートさせても、全身が同じレベルで脱毛の効果が出ることはないのです。それは、ムダ毛が生えている部位の毛質にも、違いがあるためです。全身の中でも、毛質が太くて濃い毛もあれば、産毛のような、弱々しいムダ毛もあります。集中的に毛量が多いゾーンもあれば、少ない部分もあります。

こういった毛質や毛量の差があることから、パワーも強力と言われる医療レーザー脱毛であっても、部位によって脱毛効果に違いが出てくるのです。医療レーザー脱毛で効果を実感しやすいのは、デリケートゾーンや、ワキなどになります。最初から毛質がしっかりとしていて、濃い毛があるゾーンです。こうした毛質は、レーザー照射をしても、熱量をしっかりと毛根に与えることができます。

それは、ダメージもしっかりと与えられるということになるのです。全身の医療レーザー脱毛をするのであれば、部位による効果の違いを理解しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *